自家製カレーパウダーの作り方について

自家製のオリジナルカレーパウダーを作ることは、料理の世界で創造性を発揮する絶好の機会です。

市販のカレーパウダーとは異なり、自家製のものでは好みのスパイスを自由に調整でき、独自の味わいを作り出せます。

ここでは、基本的な自家製カレーパウダーの作り方と、いくつかの変更点について詳しく説明します。

基本の材料

  • コリアンダーの種 – 1/4カップ
  • クミンの種 – 2大さじ
  • カルダモンの種 – 1大さじ
  • ブラックペッパー – 1大さじ
  • クローブ – 1小さじ
  • フェネグリーク – 1小さじ
  • ターメリックパウダー – 2大さじ
  • パプリカまたはチリパウダー – 1大さじ
  • シナモンスティック – 1本

作り方

スパイスの焙煎:まず、コリアンダー、クミン、カルダモン、ブラックペッパー、クローブ、フェネグリークをフライパンで中火にて焙煎します。
これによりスパイスから香りが引き出されます。焙煎は、スパイスが軽く色づき香りが立つまでの約2-3分間です。焦がさないように注意してください。

スパイスの冷却:焙煎したスパイスをフライパンから取り出し、完全に冷まします。
これにより、スパイスがパウダー状に挽く際に熱で損なわれるのを防ぎます。

挽く:冷めたスパイスをスパイスグラインダーかモルタルで細かく挽きます。
挽き方は、粗挽きにも細かく挽くにもできますが、細かく挽くほうが香りが強くなります。

ターメリックとパプリカの追加:挽いたスパイスにターメリックパウダーとパプリカ(またはチリパウダー)を加え、よく混ぜ合わせます。

シナモンの追加:最後に、シナモンスティックを細かく砕いて加え、再度よく混ぜ合わせます。

変更点

辛味の調整:辛さを調整したい場合は、パプリカの量を増減させるか、チリパウダーを加えると良いでしょう。

香りの変化:カルダモンやシナモンの量を調整することで、カレーパウダーの香りを変えられます。カルダモンを多くすると、フレッシュで独特の香りが強くなります。
シナモンを多くすると、甘みと暖かみのある香りが増します。

色の変更:ターメリックの量を調整することで、カレーパウダーの色を濃くしたり薄くしたりできます。

保存方法

自家製カレーパウダーは、密閉容器に入れて冷暗所で保存します。

これにより、香りが長持ちし、新鮮さを保つことができます。

できれば、作ったその日に使用することをお勧めしますが、適切に保存すれば数週間は持ちます。

自家製カレーパウダーを作ることで、料理のバリエーションが広がり、家族や友人に驚きを与えられます。

自分の好みに合わせてスパイスを調整し、独自のカレーレシピを楽しんでください。

以上、自家製カレーパウダーの作り方についてでした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。